スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉と友人の葬儀

2013.01.22 21:31|未分類
五人兄弟姉妹でしたが兄二人を早くなくし
姉妹3人で仲良く過ごしてきました。
ところが一昨年姉のご主人が亡くなり、
落ち込んだ姉がどんどん体を悪くしていきました。
認知症に加え大たい骨骨折という不運が重なり
病院にいても淋しいの一転張り、食事も水さえも
拒否してしまい数か月の点滴生活。
病院からも打つ手がないとの事、子供たち3人に
決断が迫られました。
病院で管だらけの生命維持装置の装着か、
自宅に帰って家族に見守られて過ごすかでした。
子供たちは母の苦しむ姿は忍びなく後者を選択しました。
どんなにつらかったことでしょう。
私もあの大雪の日会いに行きました。
不思議なことにその日だけ意識がしっかりして話すことが出来ました。
手を握り、背中をさすりながら気持ちを通わせることが出来ました
ずっと付き添っていた3人の子供たちにも有難うと何度も言っていました。

後ろ髪引かれながら帰ってきましたが、次の日夕方亡くなったと知らせが
有りました。

親族だけでとの事でしたがひ孫まで集まり40人以上に見送られ
旅立ちました。

焼き場に行くバスに乗っているとき不思議な雲を見ました。
まるで待っていたかのような義兄に導かれて空を飛んでいくのです。
偶然ですが兄の遺骨がお寺さんの事情でまだ納骨していないのです。
こんな結果になり姉の百か日を待って一緒に納骨されるとの事、
見えない糸のつながりを感じました。

@@CIMG4275

   < 永遠に 共に手を取り 浮かぶ宙 >

きっと今頃は義兄に会えて幸せだと信じたいと思います。

そして栃木から帰った次の日友人の余りにも若すぎる死!
姉の次の日亡くなられたとの事、
こちらも病院でみはなされ自宅療養でした。
生前電話で話をしましたが、家でご家族とともに過ごす今が一番
幸せと言っていらっしゃいました。

自分も行く道、この度は自然死という事について考えさせられました。
延命治療はしないでと思っていましたがいざ初めて体験すると
悲しみを感じる前に自分ならどう決断するかで悩む日々です。

  < 露の身は ここかしこにて 消ゆるとも
         
           心は同じ 花のうてなに >


ご住職様の詠まれた歌ですが身につまされる気がします。
蓮華の花の台にいる人の方が多くなって来ました。
きっと賑やかでしょうね~~






スポンサーサイト

コメント

お姉さまの御冥福を祈ります。

本当に・・・仲良しのお姉さまをお見送りのこと、御辛いことと推察します。
ああ~、この雲!二っつ並んで、手を取り合って、御空に・・・
良い御写真が撮れて良かったですね。

延命治療の拒否とは言いながら、何処から延命と言うのか定かではありません。
遺される家族の悩みも深いでしょう。でも、何より、ご本人が喜ぶことが大切ですね。

No title

さぞお力落としのことと存じます
生きている人の重い選択ですしテーマですね
お体に気をつけて乗り切ってください
ただただ祈るばかりです

姉と友人の葬儀

悲しいことが続きましたね。

お姉さまの事は自分の姉の時のことを想い出し身に
つまされます。
人間いずれは・・・ですが兄弟の死が続いた時一番最後に
逝くのはつらくていやだなと強く思いました。
あの世から帰って来た人がいないので本当のことはわかりませんが
きっとまたご主人にめぐりあって仲良く過ごされているに違いない
と考えると悲しみも少しやわらぐかも。

私も今日お通夜に行って来たところです。
お経を聴きながら自分の最後について色々と考えさせられました。

草笛様

本当に不思議な雲でした。
私もすぐ気が付きましたが喪主の息子も
霊柩車に乗りながら見て感動したと言って
いました。

納骨の件も成るべくしてなった事と姉夫婦の
絆を感じました。姉にとって自然死を迎える
事を望んでいたような気がします。


葵さん

有難うございます。
皆様からの励ましのコメントで心が落ち着いてきました。
私も自然に延命治療は辞めてと子供に伝えました。

空に浮かんだ雲のように仲の良い夫婦だったと
あらためて再確認しました。

コスモスさん

私も末っ子なので順番からすると最後です。
今はまだすぐ上の姉がいますので救われます。

不思議な雲を見ていたら姉が義兄に手を引かれ
やっと会えたと喜んでいるような気がしました。
そう思う事にしました。

姉と友人の葬儀

今、先生が新しいのを備え付けて下さいました。
なんと申していいかわかりません。
不思議な雲でしたね。仲の良かったご夫婦だったのですね。
延命治療は母を見てとても辛かったです。

さいごを見守られて頭が下がります。
つづいてのお友達も残念ですね。
俳句や短歌でよくわかります。

気を落とさずお過ごし下さいませ。

No title

お悔み申し上げます。
お辛いでしょうけど 義お兄様が 大事そうに 導いておられるのを素晴らしい夫婦愛と感じみとれました。

なかなか難しい問題ですが とにもかくにも 子供らに 迷惑はかけられません。
永遠の課題でしょうけど 、、、、、

私はもうすでに 書いておきました。
爺さんも 同じ意見で 初めて この問題の 解決がまず夫婦が 考える 決断する事柄として

子供たちに (悩まなくていいように )しました。
先のこととして おいておいても 必ずやってきますから。

何処のお家も 多かれ少なかれ 考えないといけない問題ですね。
どうしても このような不幸が 起こると考えさせられますね。

りんどうさん

有難うございます。
生前は思わなかったのですが、義兄を亡くしてからの
姉の姿を見てとても頼りにしていたのだと分かりました。

今頃は仲良くあの世とやらで話していると思うことに
しました。
誰しも一度は通る道、それまで精いっぱい生きましょう!!

杉の木さん

有難うございます。
杉の木さんもご兄弟姉妹を亡くされお寂しいですよね。
でもその方たちの分も長生きしてご供養することが、
喜ばれると思います。

その時が来るまで元気にいたいですね。
体も頭も、、、

コメント、ありがとうございました。

なんとか、頑張っております。
お姉さまの仏事もあってお忙しいことと想います。
まだまだお寒いので、お身体、お大事にお過ごしください。
非公開コメント

| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

湘南ピース

Author:湘南ピース
FC2ブログへようこそ!
自分の記録として、、、
日常の出来事を

FC2カウンター

女性シニア

最新記事

最新コメント

ブログ友の更新

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。