スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉の見舞い

2013.01.16 01:16|未分類
長姉が昨年から具合が悪くなっていて
何度か会いに行ったが、今回は長い
入院から退院させたとの事で、息子から
会いに来てほしいとの連絡有ました。
下の姉と約束したのがこの大雪の日でした。

雪にもめげずやっとたどり着いた姉の家、
一目見て絶句!!
退院五日目との事でしたが何も食べず、
水を飲むこともないという話、、、
手を尽くしても姉の体が受け付けないのです。

三人の子供たちで相談しての結論でした。
どれだけ大事に看病されてきたかよく知っている
だけに何も言えませんでした。

要するに延命治療で管だらけで命をつなぐか、
家で家族に看取られるのかの選択でした。
子供たちは後者を選びました。
姉の苦しみを少しでも緩和したいのでしょう。

四六時中姉に付き添い泣きながら話しかける姿を
目の当たりにして納得できる気になりました。
私も延命治療は嫌と日頃から思っていましたが、
現実と向き合うのは初めてです。
結論を出した子供たちの勇気を感じました。
苦しむことの無いよう祈ることしか出来ません。

後ろ髪引かれる思いでしたが雪の心配があり、
午後3時に家を出ましたが交通機関の乱れで
家にたどり着いたのは夜中でした。
一生忘れられない日となってしまいました。
スポンサーサイト

コメント

姉のお見舞い

この度はお姉さまのご逝去心よりお悔やみ申し上げます。

あの大雪の日、お見舞いに行かれるような話を聞いていたので
どうされたかなと案じていました。
でも行ってお会いになって来られて本当に良かったですね。
兄妹の死、とくに姉の死は本当に切ないものです。
私も4年たった今でも悲しく残念でなりません。

ピースさんもさぞお力落としでしょうがお身体に気をつけて下さい。

それから今日は折角のお勉強中私の家のことでお呼びたてしたりして
申し訳ございませんでした。
詳しくは後日お話しますが一応現状のまま様子をみることになりました。

No title

こころから お悔み申し上げます。
本当につらい
思いは ようく解ります。
どうか お大事になさいませ。

え?亡くなられたのですか?

ご家族の愛情に包まれての闘病と推察し、
延命治療より、お家で、ご看病と言うご選択に
敬意を表します。
雪の中で御苦労でしたでしょうが、お会いできて良かったですね。
19日の件、どうぞ、お気づかいの無いようにお願いします。

コスモスさん

今日は色々済みませんでした。
また今後ご迷惑をおかけします。
宜しくお願いいたします。

杉の木さん

有難うございます。
お互いこの年になると見送ることが多くなります。
杉の木さんは独りぼっちになられたとのこと、
淋しさもひとしおですね。
覚悟していたとはいえ悲しみは襲ってきます。
これからでしょう。何かにつけて思いだすのは、、、

草笛さん

今日訃報が入りました。
子供たち3人に看取られて安らかに逝ったそうです。
前日に会うことが出来、手を握り、背中をさすって
別れを告げて来ました
覚悟していたとはいえ一番頼りにしていた姉だけに
辛いものがあります。

18日お通夜、19日告別式 栃木県の斎場です。

19日の件は本当に申し訳ありません。
楽しみにしていたのですが残念です。
急な事なのでどなたか見つかると良いのですが、、、
チケットはコスモスさんにお渡しいたしました。
済みません。ご成功を祈っています。

姉の見舞い

悲しい日でしたね 誰でも一回はどんな形であれ
あることですからいつも考えてしまいます長生き
をして一人ぼっちになって逝くより みんなに送
られて行くことのほうがある意味ではお幸せと誰
でもおっしゃってます悲しいけれど避けられない
事です 私も父兄の最後をいつも思い出します
寒い日に本当に御苦労さまでした でもお会いで
きてよかったですね これからは心の中にずっと
生きていらっしゃること事でしょう

お姉さま

こすもすさんにお聞きしました。
お見舞いに大雪なのに行かれて
よかったですね。
お悔やみ申しあげます。
母を思い出しました。
お姉さまは安心して旅だったのが
わかります。

帰られてからお話したく思いますが
とにかく2人で行って貴女の分も
心の中に入れてまいります。

お気をつけて、、、

お姉さま

衷心よりお姉さまのご逝去をお悔み申し上げます。
おつらい中においでと思います。
お姉さまのご家族、そして湘南ピースさんの上に平安と慰めがありますように。

パンダさん

有難うございました。
今日告別式で本当のお別れになりました。
大勢の親族に見送られて先に逝った夫の
もとへ旅立ちました。
悲しみも姉の苦しみが無くなった事に
今は替えられません。

りんどうさん

無くなる前日に会うことが出来て
本当に良かったです。
不思議なことにその時だけ頭が冴えて
声を聴くことが出来ました。
その後意識がなくなったとの事でした。

今日はご一緒出来なくて済みません。
後でお話聞かせて下さいね。

terryさん

今日告別式が終わり本当のお別れと
なってしまいました。
大雪が一転して暖かいお天気の中
大勢の親族に見送られて、一昨年
先に逝った義兄のもとに旅立ちました。

今はただ姉の苦しみがなくなったという事が
救いという気持ちです。

そうでしたか。

お姉さんの逝去、心よりお悔やみ申し上げます。

私の都合でパソコン開けてなくて今朝ピースさんの
久し振りにブログ覗かせてもらいました。
お姉さんのお子さん達同様に、私の母の時も妹と私、
医師に呼ばれて延命か否かの選択がありました。
私はその時に、「自然にお願いします」と言いました。
辛い選択でした。
それがコメントのところで逝去されていたと知り
何と申し上げていいかわかりません。
お姉さんとの別れ、まだまだお辛いと思いますが
本当に苦しみがなくなったことが救いだと思います。

lilyさん

コメント有難うございます。
皆様から温かい励ましを頂き
心も落ち着いてきました。

lilyさんもこんなつらい体験が
おありだったのですね。
本当に食べられないという事は
辛い事です。姉の場合は水まで
拒否反応で飲めなくなりましたので
命を縮めたのだと思います。

今は義兄と会えて良かったと思います。
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

湘南ピース

Author:湘南ピース
FC2ブログへようこそ!
自分の記録として、、、
日常の出来事を

FC2カウンター

女性シニア

最新記事

最新コメント

ブログ友の更新

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。